立川記念
 今年、最初のグレードレース、立川記念が本日、三日目を迎えています。立川競輪場と言えば、ほんの一週間前にもグランプリが行われた地。そのグランプリメンバーのうち、四名が参加しています。四名ともに準決勝に勝ち上がっていますが、果たして何人が決勝戦に勝ちあがるか。
 立川は東京都下、西方の街。立川駅から中央本線に乗り、西に向かえばじきに高尾駅を過ぎて山梨県。青梅線に乗り、北に向かえば、桧原村、奥多摩町へと行きます。奥多摩は東京都心からは二時間以上。奥多摩駅から西東京バスに乗れば、奥多摩湖、小河内ダムに行く事ができます。更にバスに乗り続けると、奥多摩湖を過ぎ、県境を越えれば、山梨県。丹波山村に出ます。丹波山村は東京都民の飲料水の水源地。村の中心部を多摩川の源流が流れ、村の中心部には水と親しめる施設があります。昼の短い時間しか営業しないのですが、美味しい蕎麦も頂けます。バスの本数が限られているので、思い立ったら行ってみよう、とはならないのですが。春先であれば、青梅街道を歩いて途中のバス停まで行くのも手です。以前、行った時には歩いている途中でわさび屋を見付けまして、本わさびを安く手に入れた記憶があります。今も店が残っていれば良いのですが。奥多摩駅から少し戻りまして、川井駅に向かいます。ここには東京の地酒、「澤乃井」の蔵元があります。西多摩地区のコンビニエンスストアにも置いてある店もあるのですが、安いワンカップでも美味しく呑める日本酒です。西日本地区の方が立川に行かれた時はお土産に買うのも。
 あまり、立川駅周辺の事は記せませんでしたが、お許しを。
     (文責  安岡琢雄)